ヨコメのバター蒸し

PhotoLog

会議の帰りに大月町で仕入れました。この貝はホントにたまらない美味しさ。アサリともヤマトシジミともイガイともマテガイとも違う旨味。柑橘酢を少しかけて 辛口白ワインでやっつける。

種名

カリガネエガイ Barbatia virescens
地方名:よこめ(高知県)よこがい(和歌山県)

分類

軟体動物門 Mollusca
二枚貝綱 Bivalvia
フネガイ目 Arcoida
フネガイ科 Arcidae
エガイ属 Barbatia

形態

殻長3.5-4.5cm。殻は横長。殻表には細かい放射肋が多数あり、褐色の殻皮でおおわれている。肉は薄い橙色。

生態

北海道南部以南の海岸に分布。潮間帯の岩礁に足糸で付着している。

料理法

酒蒸し・バター蒸し・味噌汁

メモ

  • 磯臭いとして食用にされない地域もあるが、高知では直売所等で販売もされている。海域環境の違いなのかもしれない。
  • 仏手柑、直七、すだちなどの酢みかん(香酸柑橘類)とあわせると、特に美味しい。
  • 近縁種アオカリガネエガイ B. obtusoidesの殻はごつごつした形をしている。本種の変異型とされることもある。

参考文献

  • 奥谷喬司 編著・楚山勇 写真.1994.海辺の生きもの.367pp.山と渓谷社,東京.
  • 有山啓之・今原幸光 編著.2013.フィールド版新板 写真でわかる磯の生き物図鑑.279pp.トンボ出版,大阪.
error:
タイトルとURLをコピーしました